昔から続く風俗 | 風俗のお店によって違ったメリット・デメリットがあります

昔から続く風俗

あなたはピンサロで遊んだことはありますか?

ピンサロという名前はなんとなく聞いたことがある程度の人が多いと思います。
現代の風俗というとデリヘルを利用するという人が多いと思います。しかし、ピンサロは長年サラリーマンの疲れを癒してきた風俗です。
ピンサロは1950年代頃が全盛期で今はお店の数が減りつつある風俗ですが、吉祥寺などにもまだ残っていて今でも一部に根強い人気があるお店です。
サラリーマンのオアシスといわれ昔から愛され続けているピンサロですが、最近は利用したことがないという人も多いと思うので、サービスについて簡単にお教えしましょう。

ピンサロは現代風俗のはしりといわれており、濃厚なサービスを受けられるキャバクラのようなお店です。
他の風俗とは色々と違いがあり、その変わった雰囲気に魅了される人が多いです。
一般的な風俗店でサービスを受ける時は家の部屋の中やホテルの部屋、お店のプレイルームなど二人きりの空間でサービスを受けると思います。
しかし、ピンサロでは二人きりの部屋ではなく、大きなフロアを衝立で仕切っているだけの場所でサービスを受けます。
また、お店によっては観葉植物で仕切っているところもあり、観葉植物の間から他のお客さんのプレイの様子が見えたり、他のお客さんに見られるということがあります。
サービスを受けるのはベッドではなくソファで、座った状態でサービスを受けるのでキスや手コキ、フェラチオ、パイズリといったサービスが基本になります。
お店によって受けられるサービスは変わるので気をつけましょう。

ピンサロはむかしから続いている風俗で、新しい風俗にも負けない魅力があります。